アスタキサンチンの抗酸化力


アスタキサンチンは、カニやエビ、タイなどに含まれる色素物質の一つです。β-カロテンやリコピンなどと同じようにカロテノドというキサントフィル類に分類される成分です。サケなどの赤色部分にも含まれています。最近サプリメントなどの成分としても注目されるようになりましたが、その成分はヘマトコッカス藻という植物から抽出されています。ヘマトコッカス藻は、恵まれた環境下では緑の体で成長し続けるのだけれども、厳しい環境下にさらされると赤色に自ら変色し休眠状態で入ることで自らの体を守るという特徴のある植物です。

つまりこのような強い外部からの侵入物に強い抵抗力があります。これがアスタキサンチンによるものなのです。つまりアスタキサンチンは強い抵抗力があり、サプリメントとして用いられると抗酸化力を発揮します。抗酸化力は、つまりリンゴの変色、鉄の錆などのような化学反応、人の体でいえば老化となります。

アスタキサンチンにはこのような強い老化防止や外部からの刺激に対する抵抗力があるのです。つまり健康面では筋力低下の予防、筋肉疲労の軽減、血管の老化防止、動脈硬化予防、コレステロール対策、成人病予防、眼精疲労回復、脳の老化や病気の予防など、美容面ではアンチエイジング対策、紫外線によるダメージ回復、シミの予防や美白効果、たるみの改善、肌の乾燥防止、皮脂分泌の抑制などさまざまな効果が期待されています。

抗酸化は体の老化や病気、お肌のエイジングを招く大きな要因となります。アスタキサンチンはこれらに有効に働く成分としてサプリメントに活用されています。スウィープホワイト